粉骨代行サービス(海洋葬・樹木葬・墓じまい・手元供養

粉骨の考え方(お墓に納骨する場合)

お墓に納骨するなら粉骨はいらないのでは?

いざ、お墓に納骨に行けば収納スペースが無い… ご先祖様のお骨をコンパクトにまとめれば納骨のスペースが出来るなど、許容範囲を超えてしまっているお墓の場合は、大きな骨壺から小さな骨壺に粉骨することで 解決します。

お墓終いをお考えの方は、ご先祖様のお骨を粉骨し、一つにまとめ寺院などの納骨堂へ預ける 又は故郷に散骨などできます。

お墓終い(墓閉じ)するには宗派の違いはありますが墓閉じのお経があります。 又、寺院墓地の場合は離檀料が発生する事があります。

 

Q1.お墓を立てるか悩んでる

悩みは尽きないと思います。跡継ぎはいてますか? ただ、立てるにも、撤去するにも大金は掛かります。

 

Q2.お墓を継ぐ人がいない

ほっとけば無縁仏になります。元気なウチに墓終い(墓閉じ)を お勧めします。

 

Q3.墓終い(墓閉じ)後のお骨は?

納骨堂へ預ける、又は故郷・海洋へ散骨がお勧めです。

 

Q4.お墓の納骨室が一杯

ご先祖様の骨壺を処分と言う訳にはいけません。ご先祖様の遺骨を一つにまとめるのも良いと思います。

 

Q5.墓終いをしたい

親族、親戚とよく相談し、又お世話になってる寺院にも相談になります。 お骨の行き先も決めなければなりません。 次に霊園の近隣墓石業者に連絡します。寺院の都合と墓石屋の都合をすり合わせて 日にちを決めます。閉眼供養後にお骨を取り出します。

 

お申込みの流れ

近年の多様化する納骨事情